LOADING...

1つの職場で働き続けるのは良いこと?歯科衛生士に理想の働き方とは

  • 2021.01.28
  • DH転職体験談

1つのことを続けることは、素晴らしいことだと思われがちです。

でも、それは【意味のあること】に限ります。

今回は、1つの職場で頑張り続けた歯科衛生士の末路を紹介します。

気がついたら頑張りすぎて、何も残っていなかった

歯科衛生士歴5年のOさんは、今のクリニックに勤めて5年です。

Oさんが勤務しているクリニックの特徴は次のようなものがあります。

  • 院長やスタッフの仲が悪い
  • ほとんど会話がない
  • 失敗を押し付けあう
  • 患者さんの前で院長に怒鳴りつけられる
  • 怖い先輩や高圧的な院長の顔色を見ながら働く

このような状態であるため、Oさんは精神的にもキツくストレスがたまっていました。

 

そんななかでもOさんがクリニックを辞めなかったのは、耐えながら働くことに価値がある、技術が身につくと思っていたためです。

しかし、実際には5年経った今でも、先輩や院長の当たりが強いままで、新人の頃と技術は変わりません。

1つのクリニックで働き続ける2つのデメリット

1つのクリニックで働き続けるデメリットは次の2つです。

  • 技術不足になりがち
  • モチベーションの維持が難しい

 

まず、技術不足についてです。

指導してくれる院長や先輩が同じ人だと、ずっと同じ指導を受けることになってしまいます。

とくに、指導する側が学びや技術向上に熱心でない場合には、新しい知識や技術を身につけるチャンスがありません。ある程度の処置ができていれば、大丈夫というクリニックも存在します。

そんなクリニックで働き続けると、Oさんのように技術が身につかないまま、ストレスだけが増えていきます。

 

つぎに、モチベーションの維持についてです。

新人の頃は社会人としてやる気に溢れています。自分ができる処置が増えていくと、自信もついてきます。

しかし、同じ職場で働き続けることは、悪い意味で【慣れ】が出てくるのです。日々の業務や作業に慣れて、向上心が薄れていき技術不足だと分かっていても、今の職場で働くことができている自分に満足してしまいます。

u2株式会社での働き方が理想

u2株式会社では紹介予定派遣というサービスを行っています。

これによって、u2株式会社に雇用されることで様々なクリニックに派遣スタッフとして働くことを可能とします。

  • 様々なクリニックの実情を見てみたい
  • スキルや知識を伸ばしたい
  • いずれは転職したい

このような願いを叶えてくれる働き方ができます。

 

例えば、月火水は予防歯科に特化しているAクリニック、木金は小児歯科に特化しているBクリニックというような働き方が可能なので、色んな知識や技術を学べる環境を作り出せます。

 

1つの職場で働き続ける時代は終わりにして、自分に合った最高の働き方をu2株式会社と見つけましょう!

お問い合わせ、ご登録はこちら