LOADING...

【転職】コロナで無職に・・!でもすぐに歯科衛生士の仕事が見つかりました

  • 2020.10.06
  • DH転職体験談

院長が決める事が多いからこそルールが決まってない

【u2スタッフの声】T.Tさん 歯科衛生士 40代

衛生士になったきっかけは、看護師だった母親からの勧めでした。

当時は血液がダメで看護師厳しいなって思っていたけれど、医療従事者になりたい思いは捨てられず、

親の勧めで歯科衛生士になりました。

働いてから思うのは、ほとんどのクリニックがルールがあるようでないような、あいまいな決まりが多い事でした。

辛い時もあるからこそ、しっかりと給料をもらいたい

人の口腔環境を良くするための仕事が歯科であり、歯科衛生士のお仕事です。

1日中立ち続けなければいけないし、急患が入った場合は休憩がなくなる事だってあります。

医療現場なのであまり文句言ってはいけないのかもしれませんが、町医者です。

歯の治療を受ける場所がない、なんて事はありません。

でもその割りには働かせ過ぎじゃない?と思う事もしばしば。

どう考えてもおかしいルールで怒られる事もありました。

いままで、いくつかクリニックで働いてきているのですが、患者さんへの対応が変わると言うよりは、クリニックで働いている人の条件が変わる事が多かったです。

それなりに大変な仕事です。

資格も必要な職種だし、給料だってしっかりもらえるお仕事だと思っていました。

でもそうじゃないところも多かったんです。

コロナでクリニックが大打撃!給料が下がってしまった・・・

15年働いていたクリニックがコロナの影響で患者さんが減ってしまい、閉院する事になってしまいました。

そこから急遽求人を探しましたが、今の働き方のような環境を維持する事が難しくて。

コロナで給料下がってしまい、もうダメなのかなって思ってしまい、ほとんど諦めていました。

色々調べているうちにインスタグラム でu2さんを知りました。

キャリアアドバイザーさんに話を聞いてもらいAIマッチングで紹介されたお仕事を始めたんです。

こんな求人見つけられなかった

こんな求人本当にあるの?って思うような求人を見せてもらう事ができました。

個人では探せないような求人があるんですね。

今まで以上にやりがいのある職場を紹介してもらう事ができました。

もっと早く知っていたらよかったのに、と思いました。

お問い合わせ、ご登録はこちら