LOADING...

歯科衛生士は働きながら家族との時間が取れる?どちらも充実させる働き方とは

  • 2021.01.21
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士は女性が多いため、ライフイベントの影響を受けがちです。

しかし、結婚出産後も仕事をバリバリとしながら楽しい家庭生活を送りたいと考えるものです。

この記事では、そんな思いを抱く歯科衛生士が知っておきたい働き方を紹介します。

歯科衛生士が働き方に悩む理由

歯科衛生士は様々な理由から仕事と家庭を両立しづらいものです。

  • 長時間労働によって疲労困憊となってしまう
  • 慢性的な人手不足によって急な休みがとりにくい
  • 家庭との両立がしづらいように働き掛ける人間関係

一例ですが、このようなものがあります。実際、子育てをしながら職場に復帰した方は、家事と子育てに追われ、家族との団らんの時間もあまり持つことができないまま次の日を迎える…ということが少なくありません。

しかしパート勤務になると時給制となり、給与面で正社員と大きな差が出ます。またボーナスや福利厚生などにおいてもその差は歴然としており、給料の事を考えるとやはり正社員で頑張るしかない、と半ば諦めの心境で毎日を過ごすことになってしまいます。

挙句の果てには、仕事と家庭とのバランスに悩み、いつしか「辞めたい」という思いが強くなるのではないでしょうか。

仕事も家庭も充実させたい…そんな働き方はできる?

では、仕事と家庭を両立させて充実させることは難しいのでしょうか?

そこで、歯科衛生士としての国家資格を存分に生かしながら、自分に合った働き方を選ぶための「紹介予定派遣制度」という新しいサービスがあります。これは、最長6か月を限度として派遣スタッフとして様々な歯科医院に派遣され、お試し入社を行い、良ければその歯科医院の正社員として転職するという制度です。この制度を利用することで、ご自身にとって最も良い働き方にマッチングした歯科医院で働くことが可能となります。

実際に働いてみることで、仕事と家庭を両立することが出来るかを本当の意味で知ることが出来ます。

これを日本で初めて歯科業界で行ったのが、横浜のu2株式会社です。歯科衛生士がより良い転職を行い、良い働き方をすることが出来れば、歯科業界がより良いものになっていくと強く信じています。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら