LOADING...

歯科衛生士の離職理由Top3は何?!転職成功の秘訣とあわせて紹介

  • 2021.01.25
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士は離職率が高い職種として広く知られています。

では、その具体的な離職理由とは何なのでしょうか?

転職を成功させるための秘訣とあわせて解説します。

歯科衛生士が離職する理由

カウントダウン形式で紹介します!

3位:給与や待遇に問題がある

「聞いていた給与や待遇と違う!」ということがあります。

例えば、「月20万円は支払います」と事前に伝えられ、20万円が銀行口座へ振り込まれると考えていたら、総支給額が20万円で手取りではなかったということはよくあります。給与の問題は大きな問題ですよね。他にも、勉強会で毎週遅くまで帰宅できない状態が続いたり、採用が決定してから「有給休暇は取得できません。」と伝えられたりするケースもあります。

2位:業務負担が大きい

歯科衛生士とは関係のない仕事をさせられていることがあります。

歯科衛生士の主な仕事は、予防処置や保健指導、歯科医師の診療補助などに限られます。そのため、歯科医師に代わって治療行為はできません。しかし、実際は人件費を節約するため、歯科衛生士に業務範囲外の仕事をさせていることがあります。もちろん、このような行為は違法です。その結果、歯科衛生士として業務負担が増加し、「今すぐにでも辞めたい」と考えるようになります。他にも受付や掃除業務が過剰となっているケースもあります。

1位:職場の人間関係に問題がある

歯科衛生士の離職理由として最も多いのは職場の人間関係です。

歯科医師の中には、パワハラやモラハラと疑われるような行為をする方がいます。人前での叱咤や人格否定につながるような発言をされていないでしょうか?また、その他のスタッフさんから嫌がらせを受けていないでしょうか。そのような事情から離職を決意する人が多いものです。一日の長い時間を過ごす職場だからこそ、人間関係の良好な職場で働きたいと考えるものですよね。

転職成功の秘訣…お試し入社にあり

横浜のu2株式会社では、紹介予定派遣というサービスを行っています。

これは、u2株式会社に正社員として雇用された状態で様々な歯科医院に派遣スタッフとしてお試し入社することが出来るシステムです。お試し入社して、本当によければそこから転職をすることが出来ます。先述したような理由がたくさんある歯科医院に転職してしまわないように、確実に成功の転職をするための紹介予定派遣を利用してみましょう。

詳しい仕組みや使い方はu2株式会社のスタッフから紹介させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら