LOADING...

転職希望の歯科衛生士必見!歯科医院選択Point5つ

  • 2021.01.11
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士として転職を考えるとき、何を基準にすれば良いか迷うことはありませんか?

この記事では、歯科医院の選び方を5つに絞って紹介します。

歯科医院選びの5つのポイント

ポイント1:チームとしての人間関係が大切にされている

歯科医院は、歯のスペシャリストが集まるチームです。

チームであると同時に、女性の多い職場でもあるため、人間関係は非常に重要です。院長やスタッフ同士の仲が悪ければ、勤務することに嫌気がさしてしまうでしょう。チームの人間関係を確認するようにしましょう。このとき、院内研修や勉強会、お誕生日会などを積極的に行っているのであれば、チームとしての人間関係を大切にしている良い職場だと考えられます。

ポイント2:医院の運営方針が明確になっている

スタッフがそれぞれが別の方向性を向いていては、良い職場を作ることはできません。

歯科医院としてどこを目指して運営しているのか運営方針が明確になっていることが大切です。運営方針が明確であれば、そこから取り組むべき業務や研鑽すべき内容も自ずと定まってきます。

ポイント3:学習体制がマニュアル化されている

歯科衛生士としてのキャリアアップにつながる学習体制が整っていなければ、長く働き続けることに苦痛が伴うようになります。

苦痛の解消には、教育マニュアルが大きく役立ちます。教育マニュアルが整備されていれば、キャリアアップを志す歯科衛生士が道に迷うことなく歩みを続けることができます。

ポイント4:産休や育休を取得できる

歯科衛生士は女性が多く、ライフイベントの影響を強く受けます。

赤ちゃんを産むことになれば、歯科医院に相談して産休や育休を取得することになります。産休や育休の取得は、労働者にとって当然の権利でも職場によっては、取得しづらいことがあります。そのため、事前に産休や育休を取得できるのか、取得実績を確認しておいてください。

ポイント5:歯科衛生士としての仕事が与えられている

歯科衛生士として働くのであれば、歯科衛生士としての仕事をしましょう。

歯科医院によっては、歯科衛生士としての仕事が与えられないということがあります。せっかく国家資格を取得しても、歯科助手と同じ仕事をしているのなら、資格を取得した意味がありません。また、そのような職場で働いていても成長を期待できないでしょう。そのため、歯科衛生士としての仕事が与えられる職場を選びましょう。

ぴったりの歯科医院に出会うには紹介予定派遣を

このような条件は、実際に働いてみないと分からないものです。

そこで利用したいのが横浜のu2株式会社が行っている紹介予定派遣というサービスです。

紹介予定派遣を利用すれば、u2株式会社の正社員として横浜エリアにある多数の歯科医院へお試しで働くことができます。そのうえでぴったりの場合、あなたは転職することが出来ます。

気になる方は、まず、お問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら