LOADING...

歯科衛生士の転職…歯科医院の開業年数は関係ない!

  • 2021.01.14
  • DHお役立ち情報

今回は、歯科衛生士としてワークライフバランスの良い転職先を探すうえで気になる、「歯科医院の開業年数」を解説します。

開業年数の長い歯科医院の魅力

ベテランスタッフから仕事が学べる

開業年数が長いということは、それだけの実績があります。

高度な知識と技術は経験を積むことによって生まれます。歯科診療は日々進化していますが、新しい技術も設備も、使いこなけなくては意味がありません。長く安定して経営を続けている歯科医院は、スタッフの雰囲気も良いことが多く、ベテランスタッフによる新人研修もきちんとマニュアル化されています。

歯科医院のファンでいてくれる患者様がいる

開業年数が長いということは常連の患者様もいらっしゃることが多く、「ファン」ということ。

口コミで次の新規患者様を呼んでくださるきっかけにもなります。根強いファンが多ければ定期的に受診されている患者様がいるので、それだけ経営は安定し、自立できる給与額にもつながります。

スタッフの働き方(シフト)が安定している

常勤スタッフ数名だけの歯科医院では、急な休暇を取りにくかったり、診療後の残業が多いなどのブラッククリニックもよくあります。朝から忙しく診療し、診療後も残業で帰りが遅い職場であれば、スタッフが疲弊してしまい辞めたいと考えることに繋がってしまいます。

結婚後も働く女性が多いこの時代、余裕を持ったスタッフ数でさまざまな時間帯のシフト制で働くことができる歯科医院が理想。歯科医院の経営が安定していれば、スタッフの数も余裕を持って採用することができます。

開業年数が短い歯科医院ではダメ?

歯科医院の取り組みを確認しよう

開業年数が短い歯科医院でも、先述した開業年数の高い歯科医院のメリットを持っている職場があります。

  • ベテランスタッフを雇用している
  • 地域に根付いた診療を行っている
  • 労務環境に配慮した運営形態を整えている

このような特徴を持つ歯科医院は近年増加しています。

やはり、慢性的な歯科衛生士不足が続く歯科業界では、これらを整えることで確保するようにしています。

場合によっては開業年数が高い歯科医院であっても、先述したようなメリットが少ない場合もあります。

年数に引っ張られすぎないよう、しっかりと見極めてから転職するようにしましょう。

紹介予定派遣サービスの活用

紹介予定派遣とは、最長6ヶ月派遣をおこない、歯科医院と求職者双方に意義が無ければそのまま直接雇用契約を結んでいただけるサービスです。日本の歯科業界ではu2株式会社が初めて導入しました。

派遣期間中はu2株式会社の社員という位置づけで、月給制、社保完備、有休・ボーナス・退職金も完備されています。ベストなマッチングがなされるまで「お試し入社」ができる画期的な雇用形態であり、納得のいく職場探しのお手伝いができるサービスです。

本当に良い歯科医院であるかを見定めるには、これ以上とないサービスです。

とても画期的な紹介予定派遣、まずは話を聞いてみませんか?お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら