LOADING...

歯科衛生士はずっと続けられる?続けやすい歯科医院の特徴とは!

  • 2020.12.12
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士は離職率がとても高く、歯科業界が慢性的に歯科衛生士不足に悩まされている現状があります。

「歯科衛生士ってずっと続けていける職業なの?」と考える歯科衛生士は少なくありません。

歯科医院に歯科衛生士は必要不可欠!

歯科医院で歯科医師の診療補助などをおこなうのは歯科助手でもできますが、患者様の口腔内を直接触れる作業は歯科衛生士でないとできません。診療補助のほかに虫歯や歯周病の予防処置を行ったり、歯みがき法や食事・おやつの摂り方など保健指導を行うことも歯科衛生士の役割です。

歯科衛生士不足なのはなぜ?

歯科医院は医科に比べて診療所の規模が小さいことが多く、少ない人数のコミュニティーに馴染めない場合があります。そのため、ストレスを感じやく、仕事を続けられない人が少なくありません。また、最初の就職先で辞めたいトラウマから、歯科で働くこと自体から離れる歯科衛生士も多いのです。

復職しにくい環境も歯科衛生士不足の要因

結婚・子育てが落ち着いて復職したいと思っても、勤務時間が合わずに戻れないという方がたくさんいます。もしパートで復職したとしても常勤が当たり前の歯科医院ではパート勤務は肩身が狭く、もしパートで戻っても働きにくさから辞めたくなってしまいます。これが歯科衛生士の離職率にも関係しているのではないでしょうか。

ずっと続けていける歯科医院とは

休み申請がしやすい環境

常勤スタッフばかりで構成されていて最低限必要な人員であれば、子育て中の参観や急な病気で必要な休みも言い出しにくいといった状況があります「休み希望を言い出すなんてもってのほか」というオーラのお局的存在がいることもありますので、休みを申告した際に休める環境であるのかを見極めましょう。

産休・育休明けに復帰しやすい環境

歯科医院は健康な方でも定期検診制度で定期的に来院していただくシステムを取っていることが多く、地域に密着していることも多いです。長年勤務していると、常連さんや顔なじみの患者様が増え、患者側も馴染みの歯科衛生士が居ることで安心して通院することができます。実は、復帰するときにはこのような環境が大切です。もちろん、産休・育休制度があることは大前提です。

u2株式会社でぴったりの歯科医院を探そう

歯科衛生士としてせっかく国家資格を手にしたのですから、「もう歯科衛生士はしたくない!」と思ってほしくありません。

歯科衛生士という仕事は、人々の健康を司る「口腔」を予防という観点から守ることができるお仕事です。素敵な職場に出会えれば、きっとキラキラ輝く働き方に出会えます!そのためにもu2株式会社のキャリアアドバイザーと一緒にあなたにピッタリの職場探しをしませんか?ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら