LOADING...

転職を繰り返して履歴書に傷が…防ぐためにはu2株式会社の紹介予定派遣を!

  • 2021.02.15
  • DHお役立ち情報

職場が嫌になったら、すぐに転職をするのは賛成です。

なぜなら時間は有限で、無駄に過ごしているのが勿体ないからです。

 

しかし、転職を繰り返して履歴書に傷を付けてしまうと「あれ?仕事が決まらない…」といった状態になる可能性が高くなります。

歯科衛生士は、転職を断られないと思っていた

Tさんは歯科衛生士5年目。

この5年間で、様々な歯科医院で働いてきました。

Tさんは技術が高く、任された仕事はどのようなものでもこなすことができるため、自分に自信を持っています。

 

ただ、人間関係が悪くなったり、給料が上がらなかったりすると、途端にやる気を無くして、辞めるのを繰り返しているのが欠点です。実際、この5年間で転職した回数は4回にもなります。今回もTさんは、現在の職場を辞めて転職を考えていました。理由は、院長とシフトのことで揉めたという些細なことでした。

 

そこで、以前から使用しているサイトで新しい歯科医院を探し始めました。

  • 月収30万以上
  • 社会保険完備
  • 週休3日

この条件を満たしている歯科医院を見つけて、さっそく見学を行い、面接が決まりました。

しかし、面接の当日は、Tさんの履歴書を見た院長から「今まで何ヶ所かで働いているんだね」と言う言葉があっただけでした。

「多分無理だろうな」とTさんの考えていましたが、それは的中しており、不採用の連絡がありました。しかし、落ち込むことはなく「今回は他の人がたまたま採用されたんだろうなあ」くらいの気持ちでした。

 

その後も転職活動を続けましたが、5つの医院に連続で断られます。

そこで、初めての違和感を覚えたのです。

 

まずいと思ったTさんは条件を落としたことでなんとか転職することができました。

履歴書は歯科医院にとって重要

歯科医院に面接に来る歯科衛生士が、どんな人なのかは会っただけでは分かりません。

そのため履歴書は、どんな人なのかを知る1つの手段になるので、とても重要なのです。

 

今回、Tさんが何度も不採用になった理由は、転職回数が多いことです。

一般的に10年間で5つ以上のクリニックに勤めていると、すぐに辞めてしまうのではないかと相手に警戒されるため、不採用になる確率が高くなります。

 

Tさんは5年間で4回の転職。履歴書を見た院長は、すぐに辞める可能性が高い他に次の2つのイメージが定着していたのです。

  • 他のスタッフと揉める
  • トラブルを起こす

このようなマイナスなイメージが、転職回数の多いTさんに付いてしまい不採用になったのです。

履歴書に傷が付く前に

転職を繰り返すと、履歴書に傷が付いてしまいます。

さらには、マイナスなイメージを持たれて、自分の理想の職場とは遠い環境で働くしかできなくなります。

 

そこで知っておきたいのは、u2株式会社の紹介予定派遣というサービスです。

これは、u2株式会社に正社員として雇用された状態で、様々な歯科クリニックに派遣スタッフとして派遣され、働くことができるものです。

様々なフィールドで経験を積みたい、一つの職場だけでは飽きてしまう、本当に良い職場か見極めたい…このような思いをすべて叶えるサービスなのです。

 

そして、u2株式会社の場合には、何度職場を変更しても履歴書に傷が付くことはありません。

履歴書に記入する職務経験は【u2株式会社】だけです。

 

例えば、先程のTさんの場合には、サイトに掲載されている歯科医院に自分で連絡をとって面接に行き、内定を待ちます。

この時、契約は歯科医院とTさん個人の間で行われます。

そのため毎回、履歴書には今まで勤めていた医院の記入が必要なのです。

 

一方でu2株式会社の場合は、個人ではなくu2株式会社の社員になるので、働く時の契約は歯科医院と会社で行われます。

A歯科医院に派遣された後にB歯科医院で働く場合でも、u2株式会社の社員なのは変わらず、履歴書には「u2株式会社」と書くだけで良いため、傷が付くことがないのです。

 

履歴書に傷が付く前に、u2株式会社の紹介予定派遣を活用してみることが良いでしょう。

お問い合わせ、ご登録はこちら