LOADING...

フリーランスの歯科衛生士とは?仕事内容やメリットを徹底解説

  • 2020.11.10
  • DHお役立ち情報

フリーランスの歯科衛生士になるにはどうすれば良いのか、主な仕事内容や具体的ななり方についてご説明します。

フリーランス歯科衛生士とは?

そもそも、フリーランスとは、特定の団体や企業に属すことなく、独立して事業を請け負う人のことをいいます。国家試験に合格し、歯科衛生士免許を取得している方なら、だれもがフリーランスとして働くことができます。

フリーランス歯科衛生士の仕事内容

スタッフの技術指導

契約先の歯科医院で、スタッフに対してスケーリングやシャープニングなどの技術指導を行います。新人スタッフのお手本として、診療機器の使い方や患者様とのコミュニケーション方法、オペアシスト業務の進め方など、細かくアドバイスします。

経営改善のコンサルティング

歯科医院の院長やスタッフが普段抱えている悩みを聞き、経営改善のアドバイス、またはサポートを行います。例えば、院内のスタッフの定着率が悪い場合、スタッフの「待遇が悪い」や、「休みが不規則」などの問題解決につながる意見を聞いて、院長に具体的な改善案を相談します

セミナー講師

スキル向上やキャリアアップを目指す歯科衛生士向けに、最新治療法や患者様の事例紹介セミナー会場で行います。または、個人的な勉強会でグループセミナーを開くこともあります。

書籍・ネットコンテンツの執筆

自分の歯科に関する知識を書籍やネットコンテンツとして発信する歯科衛生士もいます。発信内容は、歯磨きの仕方やスケーリング、歯周病、口腔全般など、多種多様です。

フリーランス歯科衛生士魅力とは?

計画を立てやすい

フリーランスは自由度が高い働き方なので、自分の予定に合わせて計画を立てることができます。事前に予定がわかっていれば、決して仕事を断ることも難しくありません。女性は結婚や出産、介護など、ライフステージに応じて生活が大きく変化しがちです。フリーランスという働き方なら、自分の今の状況に合わせて、働く時間も場所も自由に選べます。

人脈を拡大しやすい

フリーランスの歯科衛生士は、さまざまな歯科医院企業へ出向くため、人脈を拡大しやすいです。他にも、フリーランスとしてのスキル向上を目的に交流会などに参加し、名刺交換をすることで、そこから仕事を広げていくことができます。

年収を上げやすい

歯科衛生士として、どれだけ努力しても正社員という雇用形態であれば、なかなか年収は上がっていきません。上がったとしても、数万円、もしくはわずかな報奨金程度でしょう。しかし、フリーランスの歯科衛生士なら取引先と直接的な交渉ができるため、年収を上げやすいです。

フリーランス歯科衛生士の仕事は、派遣の働き方と全く同じ

フリーランス歯科衛生士の働き方は、派遣の働き方と非常に似ています。

例えば、フリーランスも派遣も、さまざまクリニックや企業に専門的な技術や知識を必要とされて働くため、特に大きな違いはありません。

そのため歯科衛生士の派遣は、フリーランスの入門的な働き方といえますただし、フリーランスとして働く場合、契約が取れないと収入が0になりますが、u2株式会社の紹介予定派遣を利用すれば月収30万円、充実の福利厚生という守られた環境下でフリーランスのような理想的な働き方ができます。もしフリーランスという働き方に憧れがあるのなら横浜エリアの歯科衛生士の仕事紹介を得意とするu2株式会社へご相談ください。

お問い合わせ、ご登録はこちら