LOADING...

歯科衛生士は長く仕事を続けられる?満足出来る職場とは?

  • 2020.11.12
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士という仕事は、ずっと続けていくことができるのでしょうか?

歯科衛生士の仕事が続けやすい理由

勤務先がたくさん存在する

歯科衛生士が働く歯科診療所は、日本中にたくさん存在します。介護保険施設や病院などと同じように、多様な労働環境が用意されており、自由に選びやすいです。2018の歯科衛生士求人倍率21.0といわれています。

慢性的な人材不足であり、多くの歯科診療所が歯科衛生士の働きを求めているということです。

日本全国で働ける

仕事を続けられるのか不安という方は、歯科診療所の数に目を向けてみましょう。2018年の厚生労働省医療施設調査によれば歯科診療所は、日本全国に68,791施設もあります。

例え、今働いている歯科診療所が倒産してしまったとしても、日本全国にいくらでも働き先があります。

ライフステージの変化に対応しやすい

就職や結婚、出産、子育て、介護など、女性のライフステージは、時代とともに大きく変化しやすいです。仮に、出産や親の介護などで離職したとしても歯科衛生士は国家資格を取得しているため、すぐに職場復帰できます。

ライフステージの変化に対応しやすく、生涯をとおして働けます。実際に、歯科衛生士の半数は常勤ではなく非常勤勤務形態で働いています。

予定を立てやすい

一般的に、歯科衛生士が夜勤をすることはほとんどありません。多くの歯科診療所は、夜間の診療を行っていません。休診日は、日曜日と平日に1回ずつ設定されていることが多く、予定があれば有休を取得して連休にすることもできます。

そのため、家族との予定が立てやすく仕事を続けやすいです歯科診療所は、予約制を採用していることが多く想像よりもお客さまが訪問するということがほとんどありません。

歯科衛生士として満足できる職場とは?

休暇や給与などの待遇が良い

業務内容に満足できる職場のほとんどは、休暇や給与などの待遇が優れていることが多いです。給与のわりに仕事が忙しく、スタッフが少なく業務負担が大きければ、満足のいく仕事はできないでしょう。そのため、有給休暇を取得しやすく給与が高くて好きな勤務形態で働ける職場を見つけることが仕事を長く続けるための秘訣です。

スタッフ同士のチームワークが良好

待遇面が魅力的でもスタッフ同士の関係性が悪ければ、仕事を長く続けていくことはできません。離職率の高い歯科医院ほど、「院長との関係性が悪い」や、「歯科衛生士同士の仲が悪い」などの問題を抱えるケースが多いです。そのため、スタッフ同士のチームワークが良好な歯科医院を探しましょう。

満足のいく職場選びで外せないポイント

業務内容に満足している歯科衛生士が働く職場環境では、次のような共通するポイントがあります。

  • セミナーに参加させてくれる
  • 職場環境作りに積極的になってくれる
  • 責任のある仕事を任せられる

あなたに合った歯科診療所で働くために

日本で唯一u2株式会社が実施している紹介予定派遣制度を利用すれば、最長6ヵ月間の派遣期間を通して横浜の歯科診療所をお試し入社することができます。本当にあなたに合った職場で働き続けるために利用してみませんか?まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら