LOADING...

歯科衛生士は子育てと仕事を両立できる!育児しながら働くには?

  • 2020.11.17
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士という仕事は子育てと両立できるのか、両立可能な理由や勤務して感じる仕事への本音を解説していきます。

歯科衛生士が子育てと両立できる理由

理由1:日曜日が休診日なるケースが多い

多くの歯科医院は、日曜日を休診日としているケースが多いです。そのため、子どもと休みを合わせやすく、育児ができなくなるということはありません。しかし、年中無休という歯科医院もありますので、診療日の詳細については事前に確認しておきましょう。

理由2:働く曜日を選びやすい

歯科医院によっては、パートや短時間勤務などの働き方を選ぶことが可能な場合もありますので、子どもの成長に合わせて働けます。また、診療時間が決まっているため、残業が少ないことも魅力のひとつです。

理由3:国家資格を取得しているため働きやすい

育児が少し落ち着いたら隙間時間で少しでも働きたいという方もいるでしょう。歯科衛生士は、国家資格を取得しているため仕事を見つけやすいです。「1度、離職してしまったら、働き先なんてないのでは?」と考える必要はありません。

理由4勤務先を自宅近くに選びやすい

歯科医院は、意外とたくさんありますので自宅近くで勤務先を見つけやすいです。そのため、院長の許可が得られればお昼休みに、自宅に帰って用事を済ませられます。また、子どもが成長すれば学校参観や入学式などに参加する機会が増えてきますので、勤務先が自宅近くだと支度もしやすく何かと都合が良いです。

子育てと両立する歯科衛生士の本音

1番大切なのは勤務先の受け入れ態勢

仕事と子育てを両立できるかは、99.9%勤務先の受け入れ態勢次第といっても過言ではありません。子育て中の歯科衛生士の多くが子育てをしながら働く先輩歯科衛生士の存在や、その他のスタッフにサポートしてもらえる勤務先を見つけられたことが、職場復帰できた最大の理由だと回答しています。そのため、勤務先選びだけは絶対に妥協してはいけません。

仕事と子育てとの両立は、大変?

自分の支度だけでも大変なのに、子育ても加わると想像以上に大変です。しかし、歯科医院の院長やその他のスタッフさんに支えられながら乗り越えていくものなので、日頃からの人間関係を大切にしましょう。

子供が病気になったら?

子どもが幼稚園や保育園に通うようになれば、体調不良によって急な呼び出しがあります。その場合、事情を話して早退すれば問題ありません。そして、子どもが病気になれば、完治するまでは幼稚園や保育園に通えなくなるため、一定期間仕事を休むことになります。子育て中の歯科衛生士多く働く歯科医院なら、その点についてよく理解しているため、何も不安に思う必要はありません。

紹介予定派遣で歯科医院にお試し入社!

子育てと仕事を両立しやすい歯科医院であるかは、実際に働いてみないとわかりません。

そこで、u2株式会社の紹介予定派遣がおすすめです。これはいくつもの歯科クリニックにお試し入社することが出来るもので、あなたにぴったりの歯科医院を見つけ出すことが出来ます。まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ、ご登録はこちら