LOADING...

歯科衛生士を辞めたい!離職理由Top3と転職成功の秘訣

  • 2020.10.24
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士のお仕事を今すぐにでも辞めたい!」と思っていないでしょうか?

今回は、歯科衛生士の具体的な離職理由や転職を成功させるための秘訣についてわかりやすく解説していきます。

歯科衛生士を辞めたいと思うのは自然な感情

歯科衛生士離職率の高さ

歯科業界は慢性的な人材不足による問題を抱えています。

そのため、1人の歯科衛生士に対する作業負担が大きく、あまり公にはできないような問題を抱えている歯科医院さえ存在します。実際、日本歯科衛生士会の調査報告書によれば、4人のうち3人が転職経験者となっており、そのうち2回以上の転職経験者は半数を超えています。

歯科業界が抱える業務上の大きな問題

歯科衛生士大きな業務負担があるのでしょうか?それは下記のような流れがあるためです。

  1. 普段の業務負担からスタッフに離職される。
  2. 残されたスタッフの業務負担が増える。
  3. 休日がとれなくなる。
  4. 子育てや介護を理由に、辞める人が続出する。

【厳選】歯科衛生士が離職する理由

Top3待遇や給与に問題がある

歯科医院によっては、「月20万円は支払います。」と事前に伝えられ、20万円が銀行口座へ振り込まれると考えていたら、総支給額が20万円で手取りではなかったということがあります。

他にも、勉強会で毎週遅くまで帰宅できない状態が続いたり、採用が決定してから「有給休暇は取得できません。」と伝えられたりするケースもあります。このように、待遇や給与が著しく悪いことが離職する大きな理由となります。

Top2業務負担が大きい

歯科衛生士の主な仕事は、予防処置や保健指導、歯科医師の診療補助などに限られます。そのため、歯科医師に代わって治療行為はできません。しかし、実際は人件費を節約するため、歯科衛生士に業務範囲外の仕事をさせていることがあります。

もちろん、このような行為は違法です。その結果、歯科衛生士として業務負担が増加し、「今すぐにでも辞めたい」と考えるようになります。例え、歯科衛生士として高度な経験を積んでいても、歯科医師しか認められていない業務範囲を代行することは大変危険で違法な行為なので早めに離職しましょう。

Top1職場の人間関係に問題がある

歯科衛生士の離職理由として、最も多いのは職場の人間関係に問題があるというものです。歯科医師の中には、パワハラやモラハラと疑われるような行為をする方がいます。人前での叱咤や人格否定につながるような発言をされていないでしょうか?

また、その他のスタッフさんから嫌がらせを受けていないでしょうか。そのことについて、我慢をする必要はありません。このような問題は、職場を変えればすべて解決します。

u2株式会社を使って転職しよう

今のクリニックの職場環境や待遇・給与などにうんざりしているのなら、u2株式会社を使って転職しませんか?

u2株式会社は紹介予定派遣を実施しており、u2株式会社の派遣スタッフとして様々な歯科医院をお試し入社することが出来ます。それにより、履歴書が汚れることなく歯科医院を体験することが出来、理想を見つけることが出来ます。あなたの転職の成功は、横浜のu2株式会社がお約束します。

お問い合わせ、ご登録はこちら