LOADING...

歯科衛生士の離職の影にはお局が?

  • 2020.10.25
  • DHお役立ち情報

歯科業界では、お局の存在に悩みを抱える人が多いものです。

では、どのように向き合っていけばよいのでしょうか?

歯科衛生士の離職理由はお局の存在

歯科衛生士の離職理由として、「お局」の存在があります。

どの歯科クリニックにもお局は存在し、多くの歯科衛生士に害悪を与えています。お局の言動がストレスとなり、毎朝の出勤を憂鬱にさせ、最終的に体調や精神が不安定になって出社拒否となるケースがよく見られます。歯科衛生士の転職のきっかけとなっていることが少なくありません。

ちなみに、歯科クリニックでのお局は、歯科助手の方が多いという意外な傾向がある?

長く勤めている歯科助手はアシスタント専門で、院長に付く時間が歯科衛生士よりも長いものです。そのため、院長が何を求めているのか、次にどうすればよいのかを熟知しています。お局歯科助手から見ると、歯科衛生士の仕事ぶりが歯科医師の意に沿っていないと見えることがあります。こうなると、チクチク言われ、スタッフ全体との関係性が築きにくくなるようです

せっかく歯科衛生士として頑張ろう!もっと成長したい!と思って入社しても、お局の存在や言動ばかりが気になって心が折れてしまうのです。

お局と上手く向き合うには?

では、お局と上手に付き合っていくにどうすればよいのでしょうか。

まず、お局の性格や態度そのものを直すことは、不可能です。院長も、お局には何も言いません。と言うか、言えないというのが正しいと思います。

となると、向き合う方法としては次のようなものが挙げられます。

  • お局の経験を尊重すること
  • 嫌味や小言を適度にスルーすること
  • 自分の今行っている仕事にとにかく集中すること

今の歯科クリニックで頑張りたいと思ったら、とりあえずお局の嫌味を半分スルーするスキルを身に着けておきましょう。

我慢をせずに、生き生きと働けるクリニックへの転職も

我慢をせずに新しい歯科クリニックへ転職するのも解決方法のひとつです。

しかし、転職した先の歯科クリニックが自分に合っているかどうかは、実際に転職して働いてみないとわかりません。転職した…合ってないから辞める…また転職…。このように離職転職を繰り返していると、歯科衛生士の仕事そのものが嫌になってしまいます。

そこで紹介したいのが、あなたにぴったりの転職先を見つけてくれるu2株式会社です。

横浜にあるu2株式会社は、歯科衛生士のために歯科クリニックの求人紹介しています。特徴的なのは「紹介予定派遣」という制度を活用していることです。これはは、u2株式会社に正社員として入社して、様々な歯科クリニックに派遣スタッフとしてお試し入社」という形で働くことができるものです

もし紹介先が合わない場合には別の歯科クリニックを紹介してもらうこともできますし、ここで働くと決めた場合そのまま正社員として転職することも可能です。u2株式会社の社員として何度も異なる歯科クリニックにお試し入社することができるため、「ここなら仕事を続けられる!」と思えるような転職をすることができます

お局の態度に悩まされることなく、ご自身の国家資格を活かした歯科衛生士本来の仕事ができる歯科クリニックに転職をお考えの方、いちど横浜にあるu2株式会社にご相談ください。

お問い合わせ、ご登録はこちら