LOADING...

歯科衛生士が転職を繰り返すことはデメリットあり!

  • 2020.11.02
  • DHお役立ち情報

新しい歯科クリニックに転職したものの、やっぱり合わない…

このような状況から、転職を繰り返してはいないでしょうか?

歯科衛生士が転職する理由

歯科衛生士は、どのような理由で今の職場を辞めたくなるのでしょうか。

  • お給料が安い
  • 拘束時間が長く、残業も多い
  • 院長と折り合わない
  • 今の職場ではモチベーションが上がらない
  • 人手が足りず、衛生士の仕事ではなくアシスタントや受付までしなくてはいけない
  • 勉強会がなく、歯科衛生士としてスキルアップできない
  • 出会いがなく、彼氏ができない、婚期が遅れる
  • 家事や子育てとの両立が難しい

このように辞めたい理由は働いている歯科医院ごとで異なります。

入社するまでわからない内情

新たな歯科クリニックへ転職しても、思っていた通りではないことがほとんどです。

  • 求人票よりも低く支給される給料
  • 仲が良いと聞いたのにいじめがある
  • ゼロと書いていたのにサービス残業は多い

頑張って働こうとモチベーションを保とうとしても、毎日イライラしたり、自分を追い込んでストレスを感じると、ある日突然仕事に行かなくなった、行けなくなった、という最悪のケースもあります。

転職を繰り返すことで履歴書に傷がつく

歯科衛生士は需要が多いため、次の職場へ転職しやすいものです

しかし、転職を繰り返すことで、履歴書に傷がついてしまいます。すると「この人は短いスパンで転職ばかり繰り返しているけど、人間性に問題があるのではないか?」といったマイナスのイメージを持ったものになってしまいます。

安心して転職活動が行える「紹介予定派遣制度」

歯科クリニックの内情を知り、履歴書にも傷がつかない…そんな転職方法が「紹介予定派遣制度」です。

これは、派遣スタッフとして様々な歯科クリニックにお試し入社することができる制度で、実際に働いて良かったときには転職を決定することができます。歯科クリニックの内情を実際に働いて確認することができるので、安心して転職が可能です。

また、派遣スタッフとして働いている期間は、派遣元であるu2株式会社の正社員として雇用されることになります。そのため、履歴書にも傷がつかずに様々な歯科クリニックを経験することができます。

この「紹介予定派遣制度」は、横浜にある「u2株式会社」は歯科医師が代表を務める会社が日本の歯科業界に初めて導入しました。歯科衛生士の派遣とは聞き慣れないものですが、転職希望の歯科衛生士にはメリットだらけの制度です。本当に自分に合った歯科クリニックを見つけるためには使わない手はありません。

u2株式会社では、このような全く新しい働き方を提案し、歯科衛生士の方が長く働くことができる案件をご紹介しております。弊社のご案内できる案件が横浜にあるため、東京近郊で転職をお考えの方、地方から上京を考えている方は是非ご相談ください。

お問い合わせ、ご登録はこちら