LOADING...

歯科衛生士は結婚後の仕事と家庭の両立は困難?

  • 2020.11.26
  • DHお役立ち情報

現在では、結婚後の女性が家庭と仕事を両立しながらバリバリと働く社会です。

歯科衛生士においても、結婚後に仕事を続ける女性は多いものです。しかし、そこには『仕事をしながら家族との時間をなかなか取れない』という壁があります。

歯科衛生士としての正社員勤務が難しい理由

結婚して家庭を持つと、仕事の拘束時間が長いと辛く感じませんか?

一日何人ものスケーリングを行い、帰宅すると今度は夕食づくりや洗濯などの家事…旦那さんとのゆっくりした時間を持つことがなかなか難しいものです子育てをしながら職場に復帰した場合には、家事と子育てに追われ、家族との団らんの時間もあまり持つことができないまま次の日を迎えることもありますとくに、歯科衛生士がひとりしかいないような小さな歯科クリニックでは休みも取り辛いものです。

このような状況から、正社員を諦めて非常勤やパート勤務のほうがよいのでは、と悩む歯科衛生士が少なくはありません。

非常勤やパート勤務の問題

非常勤やパート勤務になると、時間の確保はしやすいものの他の問題が生じます。

時給制で給与が下がる…ボーナスや福利厚生が充実していない…歯科衛生士としてのスキルアップを図れない…気づけば「辞めたい」という失意のどん底に行き着いてしまうことが少なくありません。それが、今の歯科業界の現状ではないでしょうか?

働き方が多様化する中、今もなお変わらない歯科クリニック

最近では働き方が多様化し、時短勤務や短時間正社員、フレックスタイム制、在宅勤務など様々な形態が存在しています。

しかし、歯科衛生士という仕事はこのような制度とはほど遠いような、昔から変わらない勤務形態であることがほとんどです。スタッフ数が多く、法人化している大きな歯科クリニックなら働き方も多様化しているかもしれませんが、そうでない少人数の歯科クリニックは、そのような働き方はなかなか困難です。

今の歯科業界は「置いてけぼり感」が強いと感じざるを得ません。休憩2時間など、非常に勿体ない時間を費やしていると思いませんか?

仕事も家庭も充実させたい・・・そんな働き方はできる?

自分に合った働き方で、仕事も遊びも家庭も全て充実させたい!

でも、そんな都合の良い職場はない…とおもいますよね?。

そんななか、歯科衛生士としての国家資格を存分に生かしながら、自分に合った働き方を選ぶための「紹介予定派遣制度」という新しいサービスがあるのをご存じでしょうか。これは、歯科衛生士が派遣スタッフとして様々な歯科クリニックで働くことを可能にするもので、自由度の高い労働時間や勤務先を叶えることが出来ます。しかも、あなたが気に入った歯科クリニックがあれば派遣スタッフから正社員として転職することが出来ます。

自分の資格と時間を活かすのは、新しい働き方とともに「自分らしい働き方」です。今の職場の働きに迷いがある方、自分らしく働きたいために転職をお考えの方は、日本で初めて歯科業界に「紹介予定派遣制度」を導入したu2株式会社」にご相談下さい。

お問い合わせ、ご登録はこちら