LOADING...

歯科衛生士としての悩みを解決したい…そんなときは派遣歯科衛生士!

  • 2020.10.07
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士には様々な悩みがあり、歯科と関係が全くないような別の仕事に就いてしまうことも珍しくありません。

この記事では、歯科衛生士として前向きに働き続けていくための賢い転職方法を紹介します。

歯科衛生士の悩みって?

悩み①:人間関係の悩み

  • 院長の治療方針に共感や賛同できず、ストレス。
  • 院長(もしくは歯科医)との折り合いが悪い。
  • お局的存在の歯科衛生士がいる。

人間関係の相手は先輩の歯科衛生士や歯科医師、院長と実に様々です。しかし、入職するまで歯科クリニック内の人間関係の実情はわからない為、難しい問題です。

悩み②:自身の技術に不安がある。

  • 研修や勉強会がない。
  • 歯科衛生士の仕事以外ばかりさせられている。
  • 歯科医や先輩から、仕事ができないと言われる。自分でもそう思う。

研修など、十分なサポートを受けられないまま実務に当たることになってしまい、日々の業務の不安を感じている。先輩や医師から仕事ができないと影で言われている。新人歯科衛生士さんからよくお聞きする悩みです。

悩み③:待遇に不満がある

  • 有給が取得できない。
  • 給料に不満がある。サービス残業している。
  • 休日に勉強会がある。拘束時間が長く、プライベートな時間が楽しめない
  • 毎日ギリギリのシフトで運営しており、余裕がない。

待遇に関し、様々な不満や悩みをもつ歯科衛生士さんは多くいらっしゃいます。長年勤めていても昇給しない、残業代が支給されずサービス残業が慢性化している、休日が少なくリフレッシュできない、ぎりぎりのシフトで運営しているせいで、体調を崩していても休みづらい、などで悩む歯科衛生士さんが多いようです。

悩み④:やりがいがわからない。

  • 衛生士業務にやりがいが見いだせない。辞めたい。
  • 親に国家資格を取得しろと言われ、言われるがままに歯科衛生士になった。
  • 毎日同じ作業しかさせてもらえず、仕事がつまらない。

働きはじめの歯科衛生士さんに多い悩みのようです。やりがいは自分で探すことが大切です。同じ職場に憧れるような衛生士さんはいませんか?この人のようになりたい!と目標を定めることが出来れば、スキルアップのために積極的に動けます。

歯科衛生士の悩みを解決する派遣歯科衛生士のすすめ

悩みなく働くためには、就職・転職の前にお試し入社出来れば良いですよね。そこで活用したいのが「紹介予定派遣」です。

横浜市にあるu2株式会社では、歯科衛生士専用の紹介予定派遣サービスを行っています。u2株式会社に雇用された状態で派遣スタッフとして様々な歯科クリニックにお試し入社することが出来、あなたがピッタリの歯科クリニックを見つけれたときに転職することが出来ます。画期的な転職サービス…まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ、ご登録はこちら