LOADING...

歯科衛生士が知りたいブラッククリニックの特徴を5つ紹介!

  • 2020.10.12
  • DHお役立ち情報

ずっと一つの歯科クリニックで勤めている歯科衛生士や、経験の浅い歯科衛生士には、今がブラック歯科クリニックかどうか判断つけることは難しいでしょう。

この記事ではブラック歯科クリニックの特徴について紹介いたします。

サービス残業がある

残業時間が多い。

それだけでは一概にブラッククリニックとは言えませんが、残業が多いにも関わらず、残業代が出ていない場合はブラッククリニックといえるでしょう。

②歯科衛生士の役割外の仕事をすることがある

歯科衛生士は予防処置、診療の補助、保健指導を行うと決められています。

ですが、治療行為に当たる仕事を指示されるような経験を持つ歯科衛生士は少なくないといいます

理不尽ないやがらせがある

あなたのクリニックには意地悪なベテランスタッフがいませんか?

お局様と呼ばれるようなスタッフがいることも少なくありません。また、院長や歯科医からパワハラやモラハラ、セクハラを受けていませんか?大人でもいじめは存在します。いじめというと軽く聞こえますが立派な犯罪行為の場合もあります。

これらは改善することが難しい傾向があります。

④社保を完備していない

求人情報を見ていると目に入る社保完備の一文。社保とは社会保険を略した言葉です。最低限の社会保険しか加入していないようなクリニックは多く存在します。ただ、社保を完備していないだけではブラッククリニックとは言えません。手取り額を確認してみましょう。そもそも社保完備とは、下記4点を全て加入していることを指します。

  1. 健康保険
  2. 厚生年金
  3. 雇用保険
  4. 労災保険

⑤有給を断られる

有給休暇取得を断られてしまったことはありますか?

全うな理由もなく取らせてくれない場合は要注意です。有給休暇は労働者に認められた権利であり、断ることはできません。

ただし、事業の正常な運営を妨げる場合のみ、時季変更権を行使することが可能なことは理解しておきましょう。

おわりに

あなたの歯科クリニックはいかがでしたでしょうか。

もし、転職を考えるなら、横浜のu2株式会社のキャリアアドバイザーにご相談ください。u2株式会社は横浜市内の歯科クリニックを直接訪問しており、広く深く情報を有しています。

しかも、紹介予定派遣というサービスを行っています。u2株式会社の正社員として様々な歯科クリニックに派遣スタッフとしてお試し入社することができ、6か月間じっくりとそのクリニックが自分に合うかどうか見極める期間を作ることが出来ます。歯科業界では日本初のサービス、一度経験してみませんか?

お問い合わせ、ご登録はこちら