LOADING...

歯科衛生士が相性の悪い院長と上手に付き合うための4つの方法

  • 2020.09.09
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士と院長の相性の悪さ

u2株式会社では、歯科衛生士の退職理由を独自にアンケート調査しました。

その結果、「院長との相性が悪いこと」が一番の理由であることが分かりました。

  • 気分屋で機嫌を伺うことに疲れる
  • ちょっとしたことですぐにイライラする
  • 指示内容がコロコロと変わる
  • 診察時間にルーズでいつも残業になる
  • 生理的に受け付けない
  • 頻繁に飲み会に誘われる
  • スタッフへの態度が不平等すぎる

病院などでは院長との関わりを比較的避けやすいですが、小規模なクリニックではそうはいきません。

退職という選択をせざる得ない人がたくさんいます。

相性が悪い院長とうまく付き合っていく方法

退職を選択する前に、まずは院長とうまく付き合えないか試してみてください。

4つのポイントを紹介します。

①ホウレンソウを蜜に行う

関わりたくない相手ほどホウレンソウ(報告・連絡・相談)は徹底して行うことが大切です。

それによって余計な会話をカットし、最低限の関わりで済むようになります。

②徹底的に院長を褒める

敵意を持たれないように褒めるというテクニックがあります。

身近で何気ないことを言葉に出してみましょう。

  • 院長の説明ってすごくわかりやすいですよね。いつも勉強になります!
  • 髪を切ったのですか?すごく似合っています!

ただし、好意があると思われないように気をつけましょう。

③院長の欠点を認める

「院長はそういうタイプなんだ」

あなたのなかで院長のことを割り切ることで、不思議と気が楽になったりするものです。

もちろん、無理に好きになろうとする必要はありません。

④スタッフたちと協力する

悩みは一人で抱えてはいけません。

あなた以外にも、院長を苦手に感じているスタッフはいるはずです。

ときには愚痴を言い合ったり、対策を練ることで協力関係になりましょう。

歯科衛生士の転職はu2株式会社を活用しよう!

「頑張ってみるけど、やっぱり無理そう…」

院長との相性の悪さを乗り越えられないことは致し方ないものです。

あなたが楽しく充実した歯科衛生士ライフを送るためには、転職を決断することも大切です。

そこで、u2株式会社の紹介予定派遣を活用してください!

  • u2株式会社に雇用された状態で派遣スタッフとして様々な歯科クリニックにお試し入社
  • 良いと思った歯科クリニックには実際に転職可能
  • 派遣スタッフの期間には高待遇(平均月給30万円、社会保険完備、有給休暇・ボーナスあり、退職金ありなど
  • 横浜市内の全歯科クリニックを訪問した確かなリサーチ力
  • 歯科業界に特化したキャリアアドバイザーの徹底的なサポート

他の転職サービスではなし得なかった失敗のない転職を可能とします。

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ、ご登録はこちら