LOADING...

【u2スタッフ】歯科衛生士がスムーズに退職するポイントは?注意点や退職届について

  • 2020.08.21
  • DHお役立ち情報

歯科衛生士として働いていると、いつかは歯科クリニックを退職するときがやってきます。

そのときに向けた準備や注意点を解説します。

歯科衛生士の退職する準備

退職理由を整理する

歯科衛生士が退職理由は、様々なものがあります。

  • スキルアップ
  • 結婚や出産
  • 人間関係の悪さ
  • 業務内容への不満

あなたがどのような理由から退職を決心したかを整理しましょう。

辞めたいという気持ちをポジティブなものに変換する

もし、あなたが歯科クリニックの院長であれば、ネガティブな理由で退職されるのは心苦しいものではないでしょうか?

円満退職には、ポジティブな退職理由を伝えることが大切です。

  • 「スキルアップのために訪問歯科を行っている歯科クリニックで働いてみたいと考えています」
  • 「認定歯科衛生士のいる歯科クリニックで働いてみたいと考えています」

もちろん、出産や結婚といったライフステージに関わる理由についてはありのままに伝えましょう。

退職時期を決めておく

歯科クリニックはスタッフの確保のために求人を出したり、業務調整を行ったり、シフト調整を行ったりしなければなりません。また、就業規則によって退職を伝える時期を定めているところもあります。

あなただけの都合で退職時期を決めるのではなく、歯科クリニックが迷惑を被らないように配慮することも大切です。

一般的には3か月以上前に退職することを伝え、退職時期は年度末であることが望ましいとされています。可能な範囲で歯科クリニックの事情に合わせるようにしましょう。

退職届けを準備しよう

歯科クリニックを退職するときには、退職届は必ずしも必要なものではありません。むしろ、退職届を必要としない歯科クリニックの方が多いものです。

しかし、退職届けを用意することによって様々なトラブルを避けることが出来ます。退職理由は『一身上の都合』とし、提出時期は先述した退職を伝える時期にしましょう。

歯科衛生士が退職するときの注意点

院長の引き止めに注意しよう

歯科クリニックの多くは、歯科衛生士が不足している状態です。そのため、あなたが退職することを引き留めようとする院長は少なくありません。

「あと3ヶ月だけ働いてみて、もう少し考え直してみないか?」といった言葉に負けないよう、退職時期をしっかりと決めておきましょう。

業務の引き継ぎはしっかりと行おう

歯科衛生士の多くは、歯科診療以外にも受付や雑務といった歯科クリニック全般の業務を担っています。

あなた一人が退職することによって業務のあちらこちらに穴が空いてしまうことになるため、業務の引き継ぎは可能な限り時間をかけてしっかりと行いましょう。

横浜市の歯科衛生士はu2株式会社を活用しよう

u2株式会社では歯科衛生士に特化したキャリアアドバイザーが在籍しております。あなたの転職活動を、退職理由の整理や退職届作成も含めて懇切丁寧にサポートします。横浜市で転職をお考えの方は、一度お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご登録はこちら